広島校について

学校長からのメッセージ

ファッション専門教育の独自のノウハウを、広島を中心とする西日本で展開していきます。

文化服装学院 広島校は、西日本地域におけるファッション教育の拠点として、文化服装学院(東京・新宿)が初めて開校した直営校です。文化服装学院が長年にわたって培ってきたファッション教育のオリジナルカリキュラムを、広島を中心とする西日本で広めてゆきたいと考えています。

文化服装学院は、日本国内の洋裁技術の普及を目指し、1919年に開校した「婦人子供服教授所」に始まります。1923年には、わが国で最初の服飾教育の学校として認可されました。以来、日本のファッション教育の中心的な存在として、産業界と密接に連携し、その発展ともに歩んで来ました。ファッション業界の全領域をカバーする学科を設置して、オリジナルカリキュラムによる、グローバルな視野で優れた人材育成をすると共に、国際レベルのクリエイターを数多く輩出してきました。

近年では4年制大学卒業と同等の「ファッション高度専門士科」と「グローバルビジネスデザイン科」を設置するとともに、ファッション分野では日本初の専門職大学院である「文化ファッション大学院大学」を開学し、一貫した教育体系を完成させました。また、実践的・専門的な教育を推進するだけではなく、企業との共同研究をはじめ、産・官・学による多くのコラボレーションを展開するなど、文化服装学院は時代に即応し、時代と共に進化発展を続けています。

また、文化服装学院の母体である文化学園では、世界に対応するファッションの情報拠点作りを推進しています。最新の設備を伴ったインテリジェントキャンパスを中心に、ファッションに関するあらゆる情報を収集・分析・提供する文化学園ファッションリソースセンター、世界的にも貴重で膨大な服飾資料を所蔵する文化学園服飾博物館、文化学園図書館などファッション情報ネットワークを完成させました。

広島校では、文化服装学院のカリキュラム・施設・設備を共有した授業が行われています。また、2年生卒業後に文化服装学院 東京校および文化学園大学の3年次に編入・進学が可能です。さらに自分をファッション教育で完成させたい場合は、前述の「文化ファッション大学院大学(通称BFGU)」で修士の称号を得ることもできます。

小杉 早苗

これからの時代は、グローバル化に対応できるレベルの高い専門教育が求められます。文化服装学院の日本における唯一の直営校である広島校を、東京校は全面的にバックアップして、皆様のご期待にお応えしたいと考えています。

広島校から、新たな感性や能力を持った優れた人材が、ファッション業界で数多く活躍されることを大いに期待しています。

お問い合わせ先
専門学校 文化服装学院 広島校
〒730-0012 広島市中区上八丁堀7-15
TEL 082-502-2511(代表)
受付時間 平日(月~金)9:00~17:00